読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会男子部・ゴチえもん BLOG

創価学会男子部の私が、日々の活動や思うことについて色々書き綴ってみます。

任用試験の申込者一覧を見て

教学

11月に行われる任用試験の申込者を各部長から報告いただきました。

 

「え!この子が受けるの!?」

というような名前がいくつかありビックリしました。

 

確認すると、

「本人の意思ではないが、試験日までに説得するつもりで親が勝手に申し込んだ」

というパターンでした。

 

まあ気持ちはわからないでもありませんが…。

今までの経験上、そうやって申し込んだメンバーが受験した、という事は無かったと記憶しております。

 

そもそも受験だけしても意味がないし。

 

教学試験は、スポーツ大会などと違って、

“参加することに意義がある”

ものではありません。

学ぶ事自体に意義があります。

 

最悪、受験できなくたって、それに向けて勉強できれば勝ちです。

 

本当なら試験なんか無くたって、普段から教学を勉強している事が一番理想なのですが。

 

まあ、実際そうもいかないのも事実なので、こういった試験は勉強のきっかけを作るために行われている、と言っても過言ではないかも知れませんね。

 

かくいう私も、なんか偉そうな事書いていますが、本格的に勉強するのは試験前だけだったりするので。

それじゃいけないんですけどね!

反省ー!!